激安ストア e-テーピング.com

HOME > 伸縮性テーピングテープ

テーピングテープ 伸縮タイプ

商品画像をクリックして頂ければ、各商品の詳細をご覧頂けます。


ニチバンのテーピングテープEタイプ
バトルウィンEタイプはスポーツによるケガの予防、再発防止・応急処置等にご使用いただくテーピングテープです。伸縮性のある綿布に粘着性をもたせてあります。

ニトリートのテーピングテープ伸縮EBHテープ(薄手ハンディーカットタイプ)
関節・靱帯をソフトガードするテーピングテープのソフト伸縮タイプです。スポーツによるケガの予防、応急処置、再発防止等に使用します。

ニトリートのテーピングテープ伸縮EBテープ(厚手タイプ)
関節・靱帯をしっかりガードするテーピングテープのハード伸縮タイプです。スポーツによるケガの予防、応急処置、再発防止等に使用します。

ニトリートのテーピングテープ伸縮EBHテープ(薄手ハンディーカットタイプ)
ブリスターパック
関節・靱帯をソフトにガードするテーピングテープのソフト伸縮タイプ・ブリスターパックです。

ニトリートのテーピングテープ伸縮EBテープ(厚手タイプ) ブリスターパック
関節・靱帯をしっかりガードするテーピングテープのハード伸縮タイプ・ブリスターパックです。



様々な使い方ができる伸縮することができるテーピングテープ
スポーツをするということは、怪我ということを避けては通れないということを指します。楽しくスポーツをするためにも、怪我のリスクを最低限にし、怪我をした場合も悪化を防ぐということはとても大事な概念になるのです。テーピングテープをうまく活用していくということも、怪我を防ぎ悪化させないということにとても有効に働く方法になるわけです。
その中でも伸縮することができるテーピングテープがあります。固定するという目的から考えれば効果は少し落ちますが、可動範囲が大きい場所の場合、伸縮性がないだけで負担になることが出てきます。肩や大腿部、足首やアキレス腱などに適しており、部位の併せて幅なども考えていくものになるのですが、伸縮する分だけに適切にはらなければ効果は薄くなってしまいます。
伸縮するテーピングテープは、織り方などによってライト・ソフト・ハードなどが存在し必要な固定力に応じて変えていくことができます。その中でもライトは最も固定力が弱いものですが、包帯として使うこともできるものになります。ハードタイプは土台とするアンカーとしても使っていくことができるようになっているものです。
テーピングは正しい方法で使用することが大切です。間違った方法で使用をし続けると、怪我の防止どころか悪化させることにもつながりますので、注意する必要があるのです。


上へ ↑